イギリスの今後をタロット占い!EU脱退する理由は?海外への影響も

06.272016

最近【ジョジョの奇妙な冒険】にハマっているくらげです、こんにちは!

あの作品も初期のほうはイギリスが舞台になっていました。
まさにそのイギリスで大きな動きです。

イギリスのEU脱退が国民投票で賛成多数となりました。
1973年にEUの前身である欧州共同体(EC)に加盟、実に40年以上続いていた体制にピリオドを打とうとしています。

その背景には移民問題とギリシャ金融危機の影響があると言われていますが、このEU脱退に至るまでの流れはイギリスにとって自然なものなのか。そして周囲への影響、対策などはどのようなものになるのか。未来のイギリスはどうなるのか…などなど、とても大きいテーマで、私が占うのも恐縮してしまうのですが、「目に見えているもの」とは違う観点から、このイギリスEU脱退という出来事について検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

占い方:ヘキサグラム・スプレッド

古くから魔法のシンボルであるヘキサグラム(ダビデの星・六芒星)
モチーフにしたスプレッド(タロットカードを特定の形に並べて占うこと)です。
仕事でも恋愛でも万能に占うことができます。

並べるカードは7枚。
それぞれの位置に意味があります。

ヘキサグラムスプレッド画像

1、過去

2、現在

3、未来

4、環境や周囲の人々

5、無意識の望み

6、とるべき方法・対策

7、結果・問題の核心

上記のような項目を占っていきます。
さて、イギリスのEU脱退の件について、どんなカードが出たのでしょうか。

イギリスの過去、現在。そして今後どうなっていくのか 占い結果

イギリスとEUの旗画像

1、過去 力の正位置

イギリスがEU脱退という国民投票結果に至るまでの流れは、決して無理矢理に、とか強引に、というわけではなく成るべくしてなったということを示しています。イギリスの移民政策は1950年代から始まっています。低賃金労働者層と移民の人々の働く場がバッティングして、職を奪われる、労働条件の悪化、治安の悪化に住居の確保が難しくなる等、もともとイギリスに住む人たちの不満は山積していました。移民の大量流入については、イギリス人に民主的選択が与えられておらず、選挙の際のマニフェストにも記されないまま、今や廃止も制限も難しい政策になってしまい、移民問題は野放し状態だったそう。それでもその状況に耐えに耐えて、なんとか受け入れてきた状況がカードから見て取れます。今ため込まれたエネルギーが弾けて、時は満ちた、ということなのでしょう。

2、現在 魔術師の正位置

魔術師のカードは、22枚ある大アルカナのうち、1番が割り振られているカード。まさに「始まり」を暗示しています。イギリスは今、新しいスタートラインに立ちました。新しい希望、新しい未来に向けて、あふれ出したエネルギーをどのように使っていくか。それをしっかりと考えて行動する時です。イギリスのこれからの行動は、必然他国にも様々な影響をもたらすでしょう。イギリスという舞台を観て、諸外国はそれぞれのやるべきことに気付いていくでしょう。

3、未来 運命の輪の正位置

人知ではどうしようもないような大きな流れに導かれます。イギリスはその流れに逆らわず、身を委ねてゆくべきということを、カードは暗示しています。良い展開も、あるいは一見悪いように見える展開があったとしても、起こるべくして起こることです。イギリスはもともとスピリチュアルが盛んな国。占星術によれば、国民投票があった日の天空図もグランドクロスが形成されており、まさに決断すべき日に決断されたという事実があります。「見えない世界」へのベースがしっかり根付いているイギリスですので、この宇宙からのお知らせを逃さず、上手く事を運んでいくと思われます。

4、環境や周囲の人々 世界の逆位置

海外への影響の部分は、この位置のカードが暗示しています。このカードが出たとき、思わず笑ってしまいました。文字通り「世界」が「ひっくりかえって」います!笑 イギリスのEU脱退の国民投票結果が出た後、株価が急落、ポンドは暴落、日本円は急激な円高という大混乱が発生しました。その瞬間だけでも世界中が大騒ぎになったのに、これから実質的な流れになっていった時の影響は、まだまだ未知数です。先ほど「現在」の位置には「魔術師」のカードが出ました。これは大アルカナの1番目のカードでした。それに対して「世界」のカードは大アルカナの22番目。一番最後のカードで、完全無欠の「完成」「一連の流れの終結」を表します。EU、ひいては世界は、完結を迎え、無に戻り、また一から始めなくてはならないと、このカードは示しています。逆位置で出ていますので、今世界は苛立ちを隠せない状況にあります。変化を恐れずに、自ら変化する気持ちでまずは冷静に動きを注視することです。

5、無意識の望み 女帝の正位置

EU脱退が選択された理由を表すのがこの位置です。EU脱退派の皆さんは、安定した環境で、リラックスした生活を送りたいと願っているようです。本当は愛情や優しさに包まれながら生きたいのに、今はイライラさせられる要因があまりに多いようです。EU加盟国間はとても経済格差が激しいため、豊かな国はお金を払うばかりでそれに見合う見返りはないという状況。そんな不満にさらに上塗りするように、実際的でない法律が次々と作り上げられ、それに縛られる不自由さ。賃金の高いイギリスに、貧困国から次々と移民が押し寄せ、社会生活の様々な部分に不都合が起こっています。そんな環境から抜け出して、自分たちの独自の国を作り上げたいという思いがこのカードから感じられます。女王が君臨するこの国でこのカードが出るのも、面白いところです。

6、とるべき方法、対策 恋人の正位置

対立ではなく調和を目指して話し合いをするべきです。選択肢は様々与えられますが、インスピレーションを大切に、相手が幸せになれるような方法を選びましょう。誘惑も多い時ですが惑わされないように。実際にEU脱退となるまでには、様々な手続きがあり最低でも2年間はかかるとのこと。すでにEU加盟各国からは、脱退に向けた話し合いの交渉を早く始めよう、という呼びかけもあるようです。その間目的を達成する情熱を忘れずにいてください。

7、結果・問題の核心 審判の逆位置

このカードは、完全無欠の「終わり」を表すカード、「世界」のひとつ前、21番目のカードです。物事が終わりを迎える時、これまでの行いに審判が下されます。逆位置に出ていますので、これまでの行動への後悔や無念の気持ちが感じられます。イギリス国民の皆さんは、EUに加盟した年月に理不尽さを感じ、有無を言わせぬ移民政策をとってきた政治に「NO」の審判を下しました。ただ、そこで終わるのではなく、今後についての行動に考えを巡らし、孤立せず周囲と良い関係を築いて次のステップに進みましょう。まさに今回のEU脱退を選択するに至る一連の流れを象徴するようなカードと言えます。

スポンサーリンク

あとがき

くらげが趣味で占うにはあまりにも大それたテーマだったかなあと、ドキドキしながらやってみましたが、結果はなかなか興味深いものになったのではないかと思います。
イギリスのEU脱退は必然の流れであり、これによって世界が変わっていくのもまた必然と言えそうです。
日本への影響も少なからずあるでしょうが、世界全体で次の新しいステージに入っていくのだと思えば、様々な変化も楽しめそうですね。

芸能人の方など身近なことから世界情勢などの大きな流れまで、これからもタロット占いにチャレンジしていきますので、ぜひまた覗きに来て下さいね♪

ジャニーズタロット占い↓
SMAPコンサートツアー白紙に!今後どうなる?タロットで勝手に占い

木村拓哉の今後をタロットで占う!香取慎吾との仲も険悪化?

スポンサーリンク

関連記事

  1. タロットアイキャッチ
  2. タロットアイキャッチ
  3. タロットアイキャッチ
  4. タロットアイキャッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:くらげ



邦楽ロックが大好き。 夕ごはんを作りながら音楽を聴くのが 一日の楽しみ。 小学生三兄弟の母です。 下の二人は一卵性双生児。 くらげの詳しいプロフィールは 【管理人紹介】をご覧ください!

管理人紹介と記事一覧

くらげの星占いサイト「星空の地図を君に」

くらげの西洋占星術サイトがオープンしました! 満月新月の空からのメッセージや、12星座についての記事など書いています。個人セッションも今後受け付けていく予定です。ぜひ遊びに来て下さい☆ くらげの星占いサイト「星空の地図を君に」

このサイトに関するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文