星野源≒ニセ明?寺坂直毅も参加!ライブ@名古屋2016参戦レポ

02.102016

星野源ライブツアー『YELLOW VOYAGE』@名古屋ガイシホール!

行ってまいりましたー!

いやもう最高です。
最高に良いライブでした。
以下で詳しくレポートしていきますが、
内容のネタバレが多くありますのでご注意下さいね!

まずは源君がMCでも「ググって下さい」と言っていた、
この人の存在から明らかにしていきましょう!

スポンサーリンク

星野源の十八番キャラ、ニセ明

ニセ明画像
ニセ明画像2

ニセ明さんは、源君がくも膜下出血療養中にWiiカラオケで、
布施明さんの「君は薔薇より美しい」を歌いまくっていたことがきっかけで誕生しました。
意外と最近できたキャラなんです。
以来PVに登場したり、アー写に登場したり、ライブではアンコールに現れて
本編以上の熱量で歌い上げ踊りまくっていきます。

アミューズ移籍でもうニセ明さんできなくなっちゃうのでは、という
心配の声も聞こえてきましたが、YELLOW VOYAGEツアーでも健在で安心しました!

ライブでは源君がニセ明やってる最中に、スクリーンに大写しになった自分を見て、
「この人気持ち悪い!すごく気持ち悪い!」と言っていました笑

星野源と仲良し、放送作家寺坂直毅

寺坂直毅画像
寺坂さんは1980年宮崎県宮崎市生まれ。源君と同い年です。
中学時代に同性の同級生によるセクハラが原因で不登校、引きこもり状態になるなど
大変な思春期を過ごされた一面も。
しかし人生をリセットするぞ、と放送作家を志して上京され、専門学校を経てデビュー。

デパート、紅白歌合戦、徹子の部屋が大好きで、その知識は膨大だそうです。
ものすごくマニアックなところをついてきますね…。
とても個性的な方ですし、これからの活躍が楽しみです。

源君がMCをしていた【RADIPEDIA】というラジオ番組の放送作家が寺坂さんだったということで
仲良くなったようです。お二人とも学生時代はラジオへのはがき投稿が趣味でしたから
気が合ったのでしょうね。

今回のライブでは、合間合間に寺坂さんの口上?が聞けます!
綾小路きみまろさんみたいな哀愁漂う喋りは必聴です。
声がちょっと源君と似てるんですよね~。
最初源君がしゃべってるのかと思っちゃいました。

スポンサーリンク

星野源ライブツアー『YELLOW VOYAGE』@名古屋ガイシホール参戦レポート!

2016年2月9日。
開演は18時半予定でしたが、平日、雨ということもあり10分ほど押して開演。
セットは歴史ある豪華客船といったイメージで、ちょっと大人なおもむき。
サポートメンバーがとても豪華!ギターベースドラムは当然のこと、
ストリングスや金管、ピアノなどなどあらゆる楽器を揃え、
アルバム『YELLOW DANCER』の世界観を完璧なまでに再現していました。

一曲目は「地獄でなぜ悪い」!
この曲でどひゃーっと始まり、「化物」へとなだれ込み盛り上がりました。
前半は『YELLOW DANCER』の曲だけでなく、「湯気」や「ステップ」も
入れたりと、以前からのファンには嬉しい選曲。
源君はプロモーション写真でもよく見かけた、ロングジャケットの
スーツ姿でほぼ楽器を持たずハンドマイク!
お客さんにハンドクラップを煽るなど、ギターを常に持っているイメージの
源君なので、すごく新鮮な感じがしました。

ここで7分間の休憩(笑)が入り、その間に星野源くんにゆかりある人たちからの
応援メッセージビデオが。
バナナマンと内村さんでしたけど(笑)さすが、すっごく面白い映像でした!

そのあとは源君ひとりでアコースティック弾き語りです。
アリーナのある会場だけ、アリーナの真ん中に小さいステージが用意され
そこまで源君自らお客さんの中を徒歩で移動!いつもはセグウェイ使うらしいんですが
ガイシでは使用禁止だったらしいです。

このアコースティックライブがものすごく素晴らしくて。
源君はギターがめちゃくちゃ上手いんですが、
あんなぬくもりのある音、どうやったら出せるんでしょう。
ギターの音と源君の声に自分が溶けていくようで
源君と自分だけになる感覚を通り越して、もう自分の実体がなくなって
全てから解放されたような、源君をとりまく空気になったような
至福の時間でした。

源君は、それこそ病気で地獄のような苦しみを味わって
それと同時に天国も手に入れたんだろうなあって感じました。
それをライブで私たちに見せてくれてるんだろうな、と。

くせのうた、口づけ、スーダラ節、くだらないの中に
この4曲が演奏されました。

後半戦は『YELLOW DANCER』のインスト曲Nerd Strutから。
たしかここで源君がマリンバ披露してくれてました。
源君はマリンバ奏者でもあるんですよ。どんだけ多才なんでしょう!

「Snow Men」をやった後、「歌詞を間違えちゃって…もう一回いいですか!?」と
まさかのやりなおしが!(笑)
とはいえラストのサビあたりからでしたが、全く予定外の進行にも関わらず
サポートメンバー、照明さん、PAさん、ばっちり源君の無茶振りに
ついていってました!
源君がやりなおしを言い出した時の会場全体の「ええ!?」っていう空気が
面白かったです。

「SUN」や「時よ」で源君もお客さんもみんなで踊って。
源君のライブでは、決まった振付というのは無いのです。
思い思いにそれぞれの踊りを踊ろう、というのが源君の
気持ちでもあります。
気持ち悪くたっていいんです。
みんな気持ち悪いんです。って源君言ってましたよ(笑)
安心して好き勝手踊りましょう!

「アンコールは2回あります」と本編中に源君が宣言していた通り、
アンコールが2回ありました(笑)

1回目は待ってましたのこの方!
ニセ明さん登場です!
なんとなんと!今回ニセ明さん、フライングしました!
宙吊りになって空飛びました!(爆笑)

アリーナ中央のミニステージに着地して、
「君は薔薇より美しい」熱唱です。
ダンスもキレッキレで乗りに乗ったニセ明さんが見れました。
いやー面白かった。

ラストアンコールは「Friend Ship」。
最後締めくくるにぴったりの曲です。
こんなに楽しい時間をありがとう。
源君、一緒に楽しんだお客さんたち。
それぞれの日常に戻るけど、またこうして会おうね。
そんな気持ちで聴きました。

公演時間、約2時間半。
本当に本当に素晴らしいライブでした。
日常を忘れて、というよりも
日常も全て受け入れて包み込んで楽しんでしまおうよ
というメッセージが感じられたライブでした。

星野源という天才アーティストが私たちにシェアしてくれたもの。
それを私も他のだれかにシェアできたらいいな、という思いで
このレポートを書かせて頂きました。

ガイシホールで時間を共にした方も、今回参戦できなかった方も。
みんな、また源君のライブで会いましょう!
ありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事

  1. 星野源アイキャッチ画像
  2. 藤原さくらアイキャッチ
  3. 川本真琴画像

コメント

    • 倉田裕子
    • 2016.02.10

    私も昨日一人で行きました
    初めてだったけど本当に楽しくて楽しくて顔は笑ったまま お腹が吊りそうな状態で踊って最後まで楽しめました
    このライブレポートを読んでまた興奮上腿になっております 笑
    次回(多分年内!)までに夢の外へのクラップを、完璧にしてライブの常連目指していく所存でごさいます

      • くらげ
      • 2016.02.13

      コメントありがとうございます!
      本当に楽しいライブでしたね!
      私のおとなりの女性もずっと胸の前で手を組んで乙女な状態でニコニコされており、
      後ろの席の方は「かっこいいーー!!」を連呼なさってました笑
      私は今回で2回目の源君ライブ参戦でした。
      回を追うごとにパワーアップしてます。
      また次回のライブでぜひお会いしましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:くらげ



邦楽ロックが大好き。 夕ごはんを作りながら音楽を聴くのが 一日の楽しみ。 小学生三兄弟の母です。 下の二人は一卵性双生児。 くらげの詳しいプロフィールは 【管理人紹介】をご覧ください!

管理人紹介と記事一覧

くらげの星占いサイト「星空の地図を君に」

くらげの西洋占星術サイトがオープンしました! 満月新月の空からのメッセージや、12星座についての記事など書いています。個人セッションも今後受け付けていく予定です。ぜひ遊びに来て下さい☆ くらげの星占いサイト「星空の地図を君に」

このサイトに関するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

送信内容を確認したらチェックを入れて下さい