フォーリミ主催YON FES参戦レポート!グッズやモリコロ会場の様子も紹介

04.102016

2016年4月3日!
04 Limited Sazabys主催『YON FES』2日目参戦してきました!!

ほんとにほんとに、行けてよかったです。
全てのバンドが素晴らしかったし、
会場の工夫のいたるところにフォーリミさんの
一生懸命さが溢れていましたし、
大きすぎない規模感や、野外ならではの適度なゆるさみたいなものも
もう全てが気持ちの良い空間でした。

このブログでは、会場はどんな風になっていたのか
ステージ以外の部分の出店やイベントをご紹介しつつ
出演バンドの感想も書いていこうと思いますので
YON FES行けた人も行けなかった人も、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

YON FES会場はこんなところ!

ヨンフェスゲート画像

普段なら温水プールやスケートリンクの建物のところを通って
簡単に芝生広場(今回会場として使われたところ)に到着できるのですが、
今回はぐるーっと回り込んで、会場入り口に到着するまでに
駅から15分くらいかかりました。いい運動です。

フォーリミさん、キュウソネコカミ、YONFESオフィシャルグッズ列は
他のバンドのグッズ列とは別で並ぶようになっていました。
ものすごい長蛇の列!
でもこの列に頑張って並んだ人たちでないと希望のグッズは手に入らなかったですね。
フェス始まってからグッズブースに行ってもほぼ売り切れてました。

写真のゲートを通って、メインステージであるSKY STAGEに向かいます。
SKY STAGEはこんな感じでした!

スカイステージゲート画像
ヨンフェス会場画像

フロントフロアの後方に、シートエリアが3か所ほどありました。
ゆるやかな坂になっているので、シートエリアでもステージがとてもよく見えました。

メインステージはこんな風でした!
メインステージ画像

ホワイトとグリーンで構成されたステージはとっても爽やか。
フォーリミさんのセンスが光ります。

もう一つの会場、LAND STAGEの様子はこちらです。
ランドステージ画像

SKAY STAGEよりはこじんまりしていますが、バンドとの距離がすごく近かったですよ。
SKAY STAGEからLAND STAGEには行けるのですが、LAND STAGEからSKY STAGEに戻るには
いったん会場を出てもう一回入場ゲートを通ってぐるーっと回っていく導線でした。
なので一日に歩く距離がすごい(笑)
二日通しで参加された方、体力ありますね…!

メインステージとサブステージ、さほど距離は無いので、朝イチは元気に小走りで
移動してたのですが、昼過ぎて疲れてくるともうシートエリアからの応援状態に(笑)

お昼ご飯やお手洗い、物販見に行ったりと、ステージ見る以外にもけっこう
やることがあって、しかも全て並ぶので時間もかかります。
もう全バンド見たい勢いだったのですが、そううまくはいかないものですね。
遠くから音聴くだけ、という場面も多かったのが少し残念でした。

しかし、ステージ以外にも楽しい仕掛けがいっぱい!
次はグッズやイベントの部分をご紹介してきます!

YONFESはグッズもかわいい!イベントも楽しい!

YONFESグッズ紹介

グッズ画像

くらげはあんまりグッズ集めたい欲は無い人ですが、
YONFESグッズはあまりにもかわいいので、Tシャツとキーホルダー買いたい!って思っていました。
ところが、オフィシャルグッズはものすごい列。。。
フェス開始後に行ってみたらほぼ売り切れで、これしか買えなかったです。

リストバンド画像
キッズT画像1キッズT画像2

リストバンドとキッズTシャツ!
そう、今回フェス参戦の相方はくらげの息子でした。
このフェス、客層がものすごく若くて、子連れほぼいない(笑)
なのでキッズTは買えたから良かったですけどね。
双子用にもう一枚買ったので、お揃いで着せてニヤニヤする予定です♪

ちなみにくらげがしているピンクのリストバンドは、
入場パスです。これがまた可愛い。
捨てられなくてとってあります。

そして、くらげは今回出演したバンドの中では、LUCCIという
名古屋のバンドのファンでして。
今回初めてグッズ買いました♪
ルッチT画像

みんな自分の応援しているバンドのTシャツ着てるのがカッコよくて。
「私はこのバンドのファンです!」って堂々表明して練り歩けるのが
フェスの醍醐味でもありますね!

やはりフォーリミTシャツ着ている人がとても多かったです。
フォーリミさんのデザインセンス凄すぎ!
めっちゃ可愛い&カッコいいTシャツばっかり!
あれなら私も欲しくなるなあと、皆さんの服装を見て感心していました。

せっかくフォーリミさん主催のフェスにきたのだし、と
フォーリミグッズ買いました。
キーホルダー!
フォーリミキーホルダー画像
毎日使うものだし、いつもフェスのこと思い出せていい感じです。

グッズのみならず、感動したのが入り口でもらうFESのスケジュール表。
これですよ!
パンフ画像

手のひらサイズー!
広げるとA4サイズ大になります。
これすごいアイディアだなって思いました。
ポケットに入れておけるので、持ち運びにものすごく便利でした。

フォーリミさんは本当にアイディアが素晴らしいですね。
音楽だけでなく、こういうところまで気を使えるから
あんな素敵なFESを作り上げることができるのだろうなあと思いました。

スポンサーリンク

イベントやアート展示、物販も充実

入場ゲートからSKY STAGEの道すがらには、
フォーリミさんゆかりのアーティストさんによるライブペイントや
アート展示がされていました。
ライオンの絵がくらげはとても好きです。

ヨンフェスライオン画像
ヨンフェスアート画像2

記念撮影ができる『YONFESパネル』も大人気で常に行列。

ヨンフェスパネル画像

物販スペースはこんな感じでした。

物販画像

これはもうかなり空いてる状況の時ですね。
バンドごとにブースが分かれているので、お目当てのところに並びます。

イベントスペースにも協賛企業のブースがずらりと並びます。

ヨンフェスブース画像

タワレコやメニコン、ZipFMブースなどなど、
それぞれイベントをやったり会場限定グッズを売り出したりしていました。

ZipFMブースでは、フォーリミさんのパネルと共に
ラジオ共演している風の写真(笑)が撮れました!

ZIPブース画像

屋台も色々と出店していて、食事にも困りません。
フランクフルトや焼きそば、焼うどんなどなど。

でも時間を極力音楽に使いたい!ということであれば、
自分で軽食を持参してシートスペースで食べるというのが
いいでかなあと思います。

くらげの子供はもちもちポテト明太子ソースと
お砂糖をブルーに着色した綿菓子を食べていました☆
ポテト画像

YONFES参戦レポート!

スケジュール画像

冒頭にも書いた通り、全バンド見たかったのですが
実際ちゃんとフロアに聴きに行けたのは
・THREE LIGHTS DOWN KINGS
・LUCCI
・キュウソネコカミ
・ENTH
・SHANK
・KEYTALK
・04 Limited Sazabys

11バンド中7バンドでした。

THREE LIGHTS DOWN KINGSはトップバッターということで
非常に気合の入ったライブを見せてくれましたけど、数日前に
ボーカルさんが脱退を発表しましたね…。
そんな悲壮感は微塵もなかったけど、色んな思い抱えた中での
ライブだったんだなあと。

LUCCI!くらげはこのYONFESでLUCCI見るの3回目でした。
毎回ぐんぐん進化して、YOUFESでは会場の大きさに負けない
スケールのライブを見せてくれて、感動しました!
あの日新たファンになった人も多いのでは?
名古屋のLUCCI、これから大注目ですよ!

キュウソネコカミ、今大人気な理由が分かりました。
ライブもMCもパフォーマンスも楽しすぎます!
会場総盆踊り状態です(笑)
ボーカルさんが人の上歩く恒例パフォーマンス、
ヨンフェスにちなんで4歩歩いてました(笑)
キュウソは絶対またライブ行きたいです!

ENTH!ライブ見るのは2回目です。
少し緊張も感じつつ、後ろのほうのお客さんまで
盛り上げて躍らせて、前はダイブの嵐になるほど
テンション上げたパフォーマンスをしていたのはさすがです!
4月9日でドラムが脱退してしまうんですよね。
このメンバーでこういう景色見るのが夢だったっていう
MCにぐっときました…。

SHANKも楽しみにしていたバンドのひとつです。
初めて見たのですが、やっぱり楽曲がカッコイイです!
メンバーの皆さんも、決して見た目派手で無く飄々としているのですが
内側から湧いてくるパワーがすごい。
またじっくりライブ見たいなって思いました!

KEYTALKはメンバーがそれぞれの個性を発揮して
非常におもしろいバンドを作り上げていますね!
「いーち、にー、さーん、ヨンフェスー!」という
掛け声をフォーリミさんを差し置いて作っちゃってましたね(笑)

04 Limited Sazabys!
全お客さんがフォーリミさんの前に集まって
愛を送り、フォーリミさんからも送られ…みたいなライブでしたね。
なんかほんとに、そういう気持ちのやり取りが濃厚に感じられた、
めったにこういう場には立ち会えないだろうなあっていう
貴重な時間でした。
フォーリミさん自身もまだまだ進化の途中。
それでも走りながら今、等身大でやりたいことをやるんだっていう
思いがこんな素晴らしいフェスを作り上げてくれました。

全バンド、これからの音楽シーンをになっていく
みんなまだまだギラギラと夢を追いかけている人たち。
そういう志あるバンドとリスナーが一緒になって
どんどんこういう場を作っていくべきだなあって強く感じました。

04 Limited Sazabys、素晴らしい2日間を本当にありがとうございました。

あとがき

くらげはフェス参戦なんて大学生ぶりなので
前回から10数年経っていました。
今の10代20代の皆さんは、フェスの楽しみ方をよく知っているなあって
感心しながらいました(笑)
雨対策とかみんなしっかりで。雨降ってくるとサッとリュックから
ゴミ袋が出てきてかばんとかそこに入れてて。

くらげたちの時よりもずっとバンドを身近に感じて、
同じ空間を共有することで音楽も楽しむし自分も踊ったり
モッシュしたりして楽しんでいますよね。

フェスという存在が、そうやってみんなが自己表現できる
場であるっていうのは素晴らしいなあって思いました!

くらげもこれからはもっと野外フェスに参戦していきたいと
決意を新たにしました!

皆さん、またどこかの会場でお会い致しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

  1. イエモンアイキャッチ画像
  2. ゲスの極み乙女。アイキャッチ
  3. タロットアイキャッチ
  4. BABYMETALアイキャッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:くらげ



邦楽ロックが大好き。 夕ごはんを作りながら音楽を聴くのが 一日の楽しみ。 小学生三兄弟の母です。 下の二人は一卵性双生児。 くらげの詳しいプロフィールは 【管理人紹介】をご覧ください!

管理人紹介と記事一覧

くらげの星占いサイト「星空の地図を君に」

くらげの西洋占星術サイトがオープンしました! 満月新月の空からのメッセージや、12星座についての記事など書いています。個人セッションも今後受け付けていく予定です。ぜひ遊びに来て下さい☆ くらげの星占いサイト「星空の地図を君に」

このサイトに関するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

送信内容を確認したらチェックを入れて下さい