ベビーシッター@名古屋安心に利用できる所は?料金や割引制度紹介

03.182016

こんにちは!くらげです。
この春先の時期になると保育園の入園抽選が行われ、
入れる保育園が一つもない…という嘆きの声も多く聞かれます。

ワーキングマザーにとって厳しい時代、一体いつになったら
解消するんでしょうね。

そんな中、ベビーシッターサービスは
様々な使い方ができて、日常的に使うにはかなり割高になってしまうけど
活用してみたいなという方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

くらげも双子がいるということもあり、どうしても連れていけないシーンも
何度かあったので、ベビーシッターサービスにお世話になっています。

今回はベビーシッターサービスの体験談や
利用料金、補助制度などについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

ベビーシッター@名古屋 利用体験レポート

ベビーシッターこども画像
数あるベビーシッターサービス会社、
どこを選ぶか迷ってしまいますよね。
大切なお子さんを預けるところなので、安心な会社を選びたいのが親心。

くらげが利用しているのは、
トットメイトさんです。

以前利用した時の一連の流れをご紹介していきますね!

まず電話でベビーシッターサービスを利用したい旨伝えます。
電話での受付を終えると、利用申込書が送られてきます。
FAXや郵送、メール添付など方法は選べると思います。

利用申込書を書いて返送したら、シッターさんが決まり次第
電話連絡があります。

利用日前日にはシッターさん本人から電話があり、
当日気を付けることや時間内にやって欲しいことの流れ、
お子さんを保育する際に気を付けることなど
確認します。

利用日当日は、再度その日の行動の確認です。
食事を食べさせる際の食器や水分の場所、
着替えやタオルの場所、食器洗いに使ってよいスポンジまで(笑)
けっこう細かいところまでお伝えします。

留守にしている間は、基本の生活の合間の時間は
シッターさんが子供を楽しませるアイテムを、
保育する年齢に応じて色々と準備してくれています。
折り紙やなぞなぞ遊びなどですね。
親がテレビゲームを許可していた場合は、
シッターさんも子供に誘われて一緒にゲームすることも
過去にありましたね(笑)

保育の合間に、その日子供がどんな様子だったか
食べ具合や排せつの回数、水分摂取のこと、
どんな遊びをしていたかなどなどレポートに書いて、
保育終了時に渡してくれます。

くらげは大体ライブに行く時に預かってもらうので、
夜間になります。
夕食を作っておいて食べさせてもらい、
子供たちが全員小学生になってからは
お風呂もお願いしています。
とはいえ、子供だけでお風呂に入れるので
溺れたりしていないか時々様子を見てもらう
くらいの事です。

保育にまつわる家事はやって頂けたりするので
夕食で使った食器はいつも洗って下さっていて、
とても助かります。

こんな感じで、シッターさんには家の中をさらけ出すことに
なるので、簡単なお掃除や整頓はしておいたほうが良いかと思います!

ベビーシッター利用に関する補助金

調べてみて、くらげはびっくりしました。
ベビーシッター利用に関する割引は、
「全国保育サービス協会」と提携している企業にお勤めの方しか
利用することができません。

つまり働いていない方、あるいは勤め先が上記の協会と提携していない方は
なんの割引制度もないのです。

くらげの双子が未就園児だった数年前までは、
「双生児等多胎児家庭育児支援事業」という制度により、
ベビーシッター利用1回につき9,000円の補助を年2回まで
受けられました。(上の子も未就学児だった時期は、年4回までOKでした)

しかし現在は「双生児等多胎児家庭育児支援事業」も、
お勤めの企業が保育サービス協会と提携していないと
補助を受けられなくなっています。

これはちょっと酷いですね。
双子の補助制度があってくらげはとても助かっていたのに…
双子を育てるってとてもお金がかかりますし、
親側の疲労も半端ないです。
時に息抜きで、或いは用事があって預けたい時もあるに決まっています。
多胎児じゃなくたって、皆さんそんな場面はあると思います。

なんということでしょう。
今後また制度が変更されることを切に祈ります!

この制度についての詳細は、下記のHPをご覧ください。
公益社団法人全国保育サービス協会

スポンサーリンク

ベビーシッター利用にかかる料金

お金画像
まず、会員になるかビジター利用するかで初期費用が違います。
会員になると年会費がかかりますが、
ベビーシッター料金自体は割安になります。

ビジター利用だと年会費が無い代わりに、少し割高になりますね。
年に何回ほど利用する予定があるか考えて、
ご都合のよいほうを選択して下さい。

ベビーシッター代金は、見てもらうお子さんの年齢や時間帯で変わってきます。
お子さんが小さいほど高いところが多いです。(一律のところもあります)
そして昼間の時間帯より夜間のほうが高くなります。

なので一概には言えませんが、大体1時間1500円~1900円くらいです。
お子さん二人目からは、大抵一人700円~900円くらいでみてもらえます。

その他かかる料金といえば、シッターさんの交通費ですね。
くらげは電車でいらしたシッターさんの時は交通費が発生していました。
車利用だとかからなかった気がします。

ベビーシッターさん利用よりは託児所での一時預かりのほうが
安いとは思いますので、そちらの記事もぜひ参考になさって下さい。
24時間託児所@名古屋一時預かり体験レポ!何歳からOKで料金は?

あとがき

初めてベビーシッターさんと利用してみようかな、という時
いくらくらいかかるかな…
どこの会社使えば安心かな…と色々とご心配だと思います。
上記の「全国保育サービス協会」の会員になっている会社であれば
まず大丈夫だと思いますので、
料金や保育の方針など、よく比較して納得できるところが
見つかればいいですね!

一般の方は補助制度が無いなど、子育て世代に世知辛い世の中ではありますが
こういう外部の保育もうまく使って、楽しく育児していきましょう!

スポンサーリンク

関連記事

  1. 転校アイキャッチ画像
  2. ありがとうアイキャッチ
  3. テニスアイキャッチ
  4. 託児所アイキャッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:くらげ



邦楽ロックが大好き。 夕ごはんを作りながら音楽を聴くのが 一日の楽しみ。 小学生三兄弟の母です。 下の二人は一卵性双生児。 くらげの詳しいプロフィールは 【管理人紹介】をご覧ください!

管理人紹介と記事一覧

くらげの星占いサイト「星空の地図を君に」

くらげの西洋占星術サイトがオープンしました! 満月新月の空からのメッセージや、12星座についての記事など書いています。個人セッションも今後受け付けていく予定です。ぜひ遊びに来て下さい☆ くらげの星占いサイト「星空の地図を君に」

このサイトに関するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

送信内容を確認したらチェックを入れて下さい